読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾のブログ

発達障がいや軽度知的障がいのお子様の学習と運動と心の成長を支援している中で気づいたことを書いております。

先ずは自分事!! ~ 堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾

みらいキッズ塾代表の浦井です。

発達障がいがあるお子様には他者視点に立つ、人の気持ちを考えることが苦手なお子様が多いです。

「人(他人)の気持ちを考えなさい!!」と何度も注意されるケースが多々あります。

 

人の気持ちを考えるためには他人事を自分事に置き換えて考える(イメージする)スキルが必要です。

よって先ずは自分事について正確に理解し、しっかりと考えることができなければなりません。

自分自身に関わるさまざまな出来事を正確に理解し、整理し、そして考えることができるようになるためのトレーニング(支援)なにし「人(他人)の気持ちを考えなさい!!」とだけ指導するのはお子様の自尊心を下げ、反抗心を助長するだけだと思います。

発達障がいがあるお子様はコミュニケーションの際に「いつ、誰が、どうした」という内容を伝える時に、「いつ、誰が、どうした」がひとつずつだと伝えられるが、時系列が複数あり、登場人物も複数あると上手に伝えられないお子様が多いです。

また時系列、登場人物、場所、物が増えると頭の中で上手に整理できないため、内容を正確に理解できないお子様もたくさんおられます。

 

みらいキッズ塾ではコミュニケーションの基礎、ソーシャルスキルの基礎、文章理解の基礎力をつける目的でアインシュタイン式論理脳ドリルを取り入れています。

f:id:miraikids:20161209121104j:plain

 

f:id:miraikids:20161209121032g:plain

 

 ただし、これらの教材もお子様それぞれの特性に合わせて指導者が工夫する方が良いです。

教材選びも(自分で教材をつくる場合も)たとえば、サッカーに興味があるお子様の場合は上記のサッカー関連のものの方がより自分事としてとらえやすいです。

また、人物には赤、物には青など問題文に色分けしたアンダーラインを引くなどそれぞれがわかりやすいように工夫する技術を指導するのも学習障害の指導をする上で必要なこととなります。

人の気持ちがわかるようになるためには、先ずは自分事をしっかりと理解する力を育む事が大切です。

 

文武両道の放課後等デイサービス「みらいキッズ塾」

〒599-8241 大阪府堺市中区福田512-2(国道310号線イカリ寿司さんのとなり)

児童募集中・・・体験、相談は無料です!!

お問合せ 072-340-0174 (13:00~19:00)

jidoukisotairyokuikuseiky.jimdo.com ←みらいキッズ塾ホームページ

☆☆☆スタッフ募集☆☆☆
仕事内容は主に小学生の学習の手助けをお願いします。発達障がいの特性理解や対応などは研修いたしますので、未経験の方も大歓迎です。
勤務時間帯 13:00~19:00 時給900円 その他手当あり