堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾のブログ

発達障がいや軽度知的障がいのお子様の学習と運動と心の成長を支援している中で気づいたことを書いております。

発達障がい 「 体幹トレーニングの効果とは 1 」 大阪 堺市 みらいキッズ塾

みらいキッズ塾代表の浦井です。
 
今日は私の専門分野について書かせていただきます。
 

体幹とは身体の手や足を除いた部分、胴体部分を指します。

 
この胴体には脊柱(背骨)、骨盤(股関節を含む)、肩甲骨があり、これらの安定性と可動性を高めることが体幹トレーニングの目的です。
 
特に安定性が重要であり、日常生活において手足を使う場合は脊柱、骨盤、肩甲骨の使いやすい位置での固定が重要となります。
 
スポーツ分野では体幹の可動性と安定性の両方が高いレベルにて求められますが、日常レベルでは安定性が大事です。
 
例えば、座って文字を書く時は骨盤から背骨の固定、さらに肩甲骨の固定ができないと字は書けないですよね。
 
この固定について、誤解されている方が多いので説明させていただきます。
 
いわゆる身体が固い人はつねに固定している状態にあるという誤解です。
 
この場合の固定とは柔軟性があるものを意図的に固める事を指します。しかも、使いやすい位置での固定ですので、使いやすい位置まで動く事が前提です。
 
つまりもともと身体が固い人は、ある程度、柔らかくしないと固定ができないということです。
 
そして、使いやすい位置を見つけるには身体の前後のバランス、左右のバランスが必要です。
 
この体幹部のパーツを使いやすい位置で固定する事が苦手な人は手先や足先に不必要な力が入ってしまいます。
 
筆圧が強すぎ鉛筆の芯がおれたり、コップに飲み物を入れるときに勢いがよすぎたり、歩くときにバタバタ音がなったりするのもこの辺りが原因です。
 
また、中には余分に力を入れる事が体力的に辛くて筆圧が極端に弱いお子さまもいますが、もともとの原因は同じなのです。
 
私がプロスポーツトレーナーとして仕事をしていた際も、体幹部のパーツを使いやすい位置で固定する事は重要視していました。
 
また、次回続きを書かせていただきます。
 
 
 
 

文武両道の放課後等デイサービス「みらいキッズ塾」

〒599-8241 大阪府堺市中区福田512-2(国道310号線イカリ寿司さんのとなり)

児童募集中・・・体験、相談は無料です!!

お問合せ 072-340-0174 (13:00~19:00)

jidoukisotairyokuikuseiky.jimdo.com ←みらいキッズ塾HP