堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾のブログ

発達障がいや軽度知的障がいのお子様の学習と運動と心の成長を支援している中で気づいたことを書いております。

発達障がい 療育⑤ 聴覚過敏 ~ 堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾

みらいキッズ塾代表の浦井です。

発達障がいのお子様の中には聴覚過敏があり学習面で支障をきたしているお子様がおられます。

聴覚過敏のお子様は通常よりも広範囲の周波数の音を拾うため、いわゆる雑音まで聞こえてしまいます。

学校等でも話をしている人の声に集中したくても、雑音が邪魔をしてうまく聞けなかったりします。

聴覚過敏のお子様の話し声が大きいのは自分の声が周囲の音にまみれて聞こえにくいからなのです。

*声が大きくて周囲のお友達に嫌がられたりの問題もあります

大人の発達障がいの方は自分が集中したいときや、リラックスしたいときなどにイヤーマフや耳栓などのツールを使い、聴覚過敏と上手につきあっている方もおられます。

しかし、お子様の場合は自分が他者よりも聞こえすぎている(聴覚過敏である)自覚がないのでツールを使って上手く適応することができません。

しかも、自覚するということは障害受容(受け入れ)の問題もかかわってくるので慎重に対応していくべきところだと思います。

重要なのは

勉強ができない=学習能力が低いわけではないのです!

適切な支援さえあれば勉強ができる例はたくさんあります。

・視覚認知障がい、聴覚過敏を含む感覚過敏、ADHD、発達性協調運動障がいなど

その他の事例についてもまた書かせていただきます。

 

文武両道の放課後等デイサービス「みらいキッズ塾」

〒599-8241 大阪府堺市中区福田512-2(国道310号線イカリ寿司さんのとなり)

児童募集中・・・体験、相談は無料です!!

お問合せ 072-340-0174 (13:00~19:00)

jidoukisotairyokuikuseiky.jimdo.com ←みらいキッズ塾ホームページ

スタッフ募集・・・自動車運転免許をお持ちの方
ボランティアさん募集・・・特別支援教育や福祉系の学生さんも大歓迎です!!
 

発達障がい 療育④ 運動療育の在り方 ~ 堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾

みらいキッズ塾代表の浦井です。

 

療育シリーズの第4回目です。

第2~3回にかけて脳の優位性について述べました。

反射中枢 >大脳辺縁系(本能・原始的感情の脳)>大脳(思考・記憶の脳)

今回はこれを踏まえて「正しい順番に身体を動かすと脳が発達する」ことについて説明します。

 

正直いいまして、私がプロスポーツトレーナーとして活動していた頃に、たくさんのスポーツトレーナーや運動指導員に出会いましたが、このことを知らない(必要性がわかっていない)方がたくさんいました。

これらは運動療育には必要不可欠な知識です!!はっきりいってこのことを知らないで運動療育をしている方は子どもの成長を阻害している場合もあります。

運動療育をする以上は最低限、医療系士業(看護士、理学療法士柔道整復師)くらいの解剖学、生理学、運動学の知識をもった上で療育スキルを合わせて運動療育を行ってほしいと思います。

さて、本題です。

下位脳である反射系~大脳辺縁系(本能・原始的感情)は身体を動かすことで発達していきます。

反射や本能・原始的感情は感覚器からの情報を受けて反応します

*感覚器・・・目・耳・鼻・舌・皮膚(温痛覚や触覚)、筋肉骨格の受容器など

この感覚器から脳への伝達、脳から身体を動かす筋肉への伝達は身体を動かすことで発達していきます。

しかも、これにも順番があり運動により反射系が発達すると次に、大脳辺縁系(本能・原始的感情)が発達します。

反射中枢にアプローチする運動➡大脳辺縁系にアプローチする運動➡大脳にアプローチする運動

運動療育をする際はこの順番を意識する必要があります。

 

 

f:id:miraikids:20161002130928j:plain

筋骨格系の感覚受容器にて自分の身体の動き、位置を把握し脳に情報を伝達しています

脳で情報を処理し、脳から筋骨格系へ指令をだし、身体を動かします

f:id:miraikids:20161002131044g:plain

ちょっと難しくなりましたが、セミナー等では理論だけではなく具体的な手法をお伝えしております。

また放課後デイでも理論は重視しつつも楽しく身体を動かし学習の基盤を作っています。

 

文武両道の放課後等デイサービス「みらいキッズ塾」

〒599-8241 大阪府堺市中区福田512-2(国道310号線イカリ寿司さんのとなり)

児童募集中・・・体験、相談は無料です!!

お問合せ 072-340-0174 (13:00~19:00)

jidoukisotairyokuikuseiky.jimdo.com ←みらいキッズ塾HP

お母さんの笑顔 ~ 堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾

みらいキッズ塾代表の浦井です。

 

前回のブログでお子様に親の不安を見せてはダメとお伝えしました。

でも、お子様と一番近く、そして学校や地域との関係をつないでいるお母さんは心配や悩みが増える一方です。

そこで、お母さんの心配や悩みを減らし、お母さんがいつもお子様の前で笑顔でいることができるようにサポートする人が必要なのです。

 

お母さんをサポートすべき人は・・・・お父さんです。

お父さんのちょっとしたサポートでお母さんの笑顔が保たれます。

サポートで一番大切なことは・・・・しっかりと話を聞いてあげることです。

 

 

文武両道の放課後等デイサービス「みらいキッズ塾」

〒599-8241 大阪府堺市中区福田512-2(国道310号線イカリ寿司さんのとなり)

児童募集中・・・体験、相談は無料です!!

お問合せ 072-340-0174 (13:00~19:00)

jidoukisotairyokuikuseiky.jimdo.com ←みらいキッズ塾HP

引きこもりについて ~ 堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾

みらいキッズ塾代表の浦井です。

今日は小学校高学年以降のお子様特有の問題についてお話しさせていただきます。

以下は引きこもり支援をおこなっている方の意見を参考に書かせていただいております。

 

一般的には幼少期からの親の過剰な期待や過保護、過干渉に対して子どもの抵抗(反抗)が思春期以降に引きこもりという手段で現れるということですが、発達障がいのお子様の場合はさらに配慮が必要です。

 

常識的でまじめなご両親ほど陥りやすい失敗例があるので参考にしていただければと思います。

 

 先ずは2つ質問させていただきます。

 

子どものことを心配していることをお子様に気づかれてはダメな時があることを知っていますか?

 

子どものことで悩んでいることをお子様に気づかれていませんか?

 

お子様が親に求めているのはずっと自分のことを気にかけていてほしいという事と、自分が辛い状態のときは心配してほしいという事です。

 

・子どもが子どもなりに頑張っているのに、親が子どものことを心配していると、子どもは「親が自分の頑張りをわかってくれない」と感じます。

・さらに子どもが子どもなりに頑張っているのに、親が子供のことであれやこれやと悩んでいると、子どもは「どんなに自分が頑張ったって、悩ませるダメな子だと思われるだけだ」「頑張っても認めてくれないなら、何もするもんか」と心をとざし始めます。

 

親は子どものことを心配するし、子どものことでたくさん悩むことはごく自然なことです。でも、心配していることや、悩んでいることを子どもに悟られない、気づかれない配慮が必要です。

 

子どもにとってはいつも見守ってくれている、気にかけてくれているくらいがちょうど良く、特に思春期以降のお子様の場合はこの距離感が重要なんです。

 

特に、発達障がいなどで認知に特性があるお子様の場合は、親の心配や悩みの感情がお子様の自己否定につながりやすいのです。

 

発達障がいのお子様は頑張っていても評価されにくい傾向にあります。誤解しやすく、また誤解されやすいです。思春期以降は特に外部からのストレスも多く、過敏になりやすく非常に繊細なのです。

 

文武両道の放課後等デイサービス「みらいキッズ塾」

〒599-8241 大阪府堺市中区福田512-2(国道310号線イカリ寿司さんのとなり)

児童募集中・・・体験、相談は無料です!!

お問合せ 072-340-0174 (13:00~19:00)

jidoukisotairyokuikuseiky.jimdo.com ←みらいキッズ塾HP

 

 

 

達成感 ~ 堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾

みらいキッズ塾代表の浦井です。

自己肯定感を高める為には「できた」という自信(達成感)を積み重ねることが大切です。

 

誰かに怒られるから嫌々でも宿題をしなければならなくて、そして最後まで嫌々やって仕上げた宿題に達成感はなかなか沸いてきません。おそらく親や先生から怒られる危機感から解放された安堵の気持ちが大きいでしょう。

 

人は自分ができるようになりたいと望んでいる事ができたときが、もっとも達成感をえられます。たとえ最初のとりかかりが嫌々でも、途中でやる気が沸いてきてできるようになりたいと思えたなら達成感と大きな自信が得られます。

 

小さな達成感の積み重ねが、様々な壁を乗り越える力となり、壁を乗りこえた際には大きな自信が得られます。

 


f:id:miraikids:20160923101509j:image

遊びの中でも子どもが不安だけど挑戦したいと思ったときは、チャンスです!

ちょっとのサポートでできることがたくさんあります。そして「できた」の積み重ねで自己肯定感が上がります。

遊びの中で上がった自己肯定感が学習の際に大いに役立ちます。


f:id:miraikids:20160923102127j:image

バランスボールに座ってバランスをとっていたら、「ここに立ちたい」って言ってきた。

チャンス到来です!自己肯定感を上げるチャンスです!

最後はバランスボールの上に立ち、上手にバランスをとりながら何度もジャンプしていました。

本当にちょっとのサポートでできる事が多いです。

 

*みらいキッズ塾はプロスポーツトレーナー協会公認トレーナーの指導のもと運動指導を行っております。

*床材には世界最高水準の抗菌性と安全性を誇る運動用特殊マットを使用しています。

 

遊びや運動の中で育まれた自己肯定感は学習やその他いろいろの活動に活かされます。

大人も趣味や運動の中で自己肯定感を高めて、それを上手に仕事に活かしている人がいます。

自己肯定感を高めることは本当に大切だと思います。

 

 

文武両道の放課後等デイサービス「みらいキッズ塾」

〒599-8241 大阪府堺市中区福田512-2(国道310号線イカリ寿司さんのとなり)

児童募集中・・・体験、相談は無料です!!

お問合せ 072-340-0174 (13:00~19:00)

jidoukisotairyokuikuseiky.jimdo.com ←みらいキッズ塾HP

 

 

発達障がい 療育③ 「マズローの欲求5段階説」 ~ 堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾

みらいキッズ塾代表の浦井です。

前回の内容を、心理学からさらに理解を深めて行きたいと思います。

以下はアブラハム・マズローという最も有名な心理学者が唱えた理論です。

f:id:miraikids:20160917003005g:plain 

 下層は前回の脳の基本構造でお伝えした大脳辺縁系の領域で、中層~上層は大脳領域の欲求です。

マズローの欲求5段階説では人は下位の欲求が満たされて初めて1つ上の欲求を求めようとするという理論です。

生理的欲求が満たされると、次に安全の欲求を求めるようになります。そして、安全の欲求が満たされると親和(所属)の欲求を求めるようになります。

 

極貧の国や、戦争中の国で、その日食べれるかどうか生きることができるかどうかの生活を強いられ生理的欲求が満たされていない子供たちが夢や希望を持ち自己実現を目指すことは大変難しいのです。

少し厳しいことを言いますと、日本でも家庭環境が荒廃していて安全の欲求が満たされていないお子さんが勉強やスポーツで評価されようと頑張ることは現実的には難しい傾向にあるという事です。

発達障がいのお子さまの場合はその特性がゆえに、みんなと同じ程度の努力をしていても「やる気がない」「さぼっている」「ふざけている」「なめている」「わがままだ」というような評価を受けることが多々あります。周囲からの障がいに対する正しい理解がないと学校にも、そして家庭にも居場所がなくなってしまいます。どこにも属することができず、安心できない状態に陥るのです。

何とか安心できるのが自分の部屋の片隅だけ・・・そんなお子さまが日本中にたくさんいます。

そんなお子さまに「目標を持て」「将来のことを考えろ」「勉強しなさい」と言っても・・・・・・可哀そすぎます。

学習支援は大切なことだと思います。絶対に必要です。

しかし、その前に安全的欲求を満たせれるようにしてあげて下さい。そして親和(所属)欲求も満たせるように何かしらの手助けをしてあげて下さい。

 

でも、お子さまの安全的欲求や親和(所属)欲求をかなえてあげようとお母さん一人で頑張らないでください。お母さんが一人で頑張って背負い込んでしまうとお母さんが壊れてしまいます。お子さまにとってはお母さんの存在、お母さんの笑顔は安全的欲求の砦なんです。

現在は多くの使える福祉サービスがあります。相談支援もどんどん使った方がいいと思います。そして私どもの放課後等デイサービスも社会資源のひとつです。

様々な社会資源を使いながらみんなで包括的な支援をしていけることが望ましいです。

 

 

文武両道の放課後等デイサービス「みらいキッズ塾」

〒599-8241 大阪府堺市中区福田512-2(国道310号線イカリ寿司さんのとなり)

児童募集中・・・体験、相談は無料です!!

お問合せ 072-340-0174 (13:00~19:00)

jidoukisotairyokuikuseiky.jimdo.com ←みらいキッズ塾HP

発達障がい 療育② 脳の基本構造 ~ 堺市 放課後等デイサービス みらいキッズ塾

 みらいキッズ塾代表の浦井です。

今回は発達障がいの療育をする上で重要な脳の機能について説明させていただきます。

少し長い文章ですが療育をする上で本当に大切な事なのでご一読いただければ幸いです。

 

f:id:miraikids:20160917004646j:plain

上の図は幅10センチ、高さ35センチの児童用の平均台です。

大人の方ならほとんどの方が歩くことができますよね。

しかし、もし高さが2メートルならどうでしょうか?

普通に歩くのは厳しいかもしれませんね。もしかしたら立つことさえできないかもしれません。

幅10センチの平均台は身体的、技能的(大脳的)にはほとんどの人が歩くことができます。しかし、高さが高くなると恐怖心(大脳辺縁系)が邪魔をして歩こうとする行動を抑制してしまいます。

もし、ロボットなら幅が同じなら、高さが低かろうが高かろうが同じパフォーマンスで歩くことができます。

このように人間の行動は大脳辺縁系によって大きな影響を受けています。

 

この大脳大脳辺縁系の関係性を支援者が理解していないといくら療育を頑張ってもチグハグになってしまいます。

 

では順をおって、療育を行う上で知っておくべき「脳の基本構造」につて説明させていただきます。

 

 

・脳は機能別に3つの層に分ける事ができます。

1つ目は一番表層部分の大きな脳、大脳です。

2つ目は大脳の下にある大脳辺縁系(海馬など)です。

3つ目は大脳辺縁系の下にある反射中枢(中脳~脊髄)です。

 

 ・それぞれの機能は以下のようになります。

大脳・・・記憶、知覚情報の分析、統合など記憶と思考の脳です。

大脳辺縁系・・・本能行動、情動、呼吸器の調整など本能的感情の脳です。

反射中枢・・・光に対する瞳孔の反射、熱さ冷たさ痛みなどに対する防御的反射、赤ちゃんの原始反射など意思に関係なく起こる身体の反応を司る中枢です。

 

f:id:miraikids:20160916225127j:plain

 

 そして、大脳と大脳辺縁系と反射中枢はお互いに連絡していて影響し合っています。特に大脳(記憶と思考の脳)と大脳辺縁系(本能的な感情の脳)は密接に影響しあっています。

たとえばテレビでマグロの特集を見たとします。マグロの情報が大脳(記憶と思考の脳)に伝わり以前食べて美味しかったマグロのお寿司を思い出したとします。美味しかった記憶が大脳辺縁系(本能的な感情の脳)に伝わり食べたいという欲求が刺激され、口内に唾液が分泌されてきます。そして食べたいという欲求が大脳(記憶と思考の脳)に伝わり「次の日曜日に家族で、中央市場のお寿司を食べに行こう」と具体的な計画を大脳で立てます。大脳→大脳辺縁系→大脳の流れですね。

次に、大脳辺縁系→大脳の流れの具体例をあげます。たとえば睡眠不足で眠たいという大脳辺縁系(本能的な感情の脳)の欲求が高まったとします。その情報が大脳に伝わり「今すぐ家で寝たいが仕事が残っているので、1時間だけ仮眠して、12時には帰宅して寝よう」などとさまざまな情報の処理が大脳(記憶と思考の脳)で行われます。

 

大脳 ⇔ 大脳辺縁系 *影響しあう

次に、脳はお互いに影響しあうのですが影響力には優位性があるという事を説明していきます。

脳は下位の脳の影響力が強い仕組みになっています。

つまり、大脳辺縁系(本能的な感情の脳)は大脳(記憶と思考の脳)より優位であり、

反射中枢は大脳辺縁系および大脳より優位であるのです。

 

たとえば、静粛な式典などで大脳では毅然とした態度でいなければならないと意識していても、突然、押しピンなどを踏んでしまった際には、身体が無条件に反応(反射)し、痛い表情(本能的な感情)を出してしまします。

また、トラウマやPTSD心的外傷後ストレス障害)のフラッシュバック(大脳の記憶分野の障害)により、大脳辺縁系(本能的な感情の脳)が恐怖感情に支配されパニックを生じると、どんなに大脳(理性・思考)で冷静に対処しようとしても一定時間は制御不可能となります。

 

ここで重要なのは、大脳辺縁系の状態により大脳が機能するか、しないかが決定されるという事です。

どんなに美味しい料理でも、大嫌いな人と一緒に食べるとその味がおいしいと感じないのも大脳辺縁系の影響が優位であるからです。

学習に関しても相性の悪い人に指導していただいても効率が良くないのも大脳辺縁系の影響です。

失敗することを異常に恐れていたり、苦手意識が非常に強い心理状態のお子さまに、学習や運動を無理強いしても全く上手くいきません。

私たちが支援をする際には最初に大脳辺縁系を良いコンディションに整え、その後で大脳分野へ適切な療育(教育)をいれていかなければなりません。

やり方を間違えるとトラウマやPTSDになったり、二次障害を引き起こす可能性があります。

 

反射中枢  > 大脳辺縁系  > 大脳 *下位脳の影響力が強い

次回は「マズローの欲求5段階説」を用いた心理の説明をさせていただきます。

 

 

 

文武両道の放課後等デイサービス「みらいキッズ塾」

〒599-8241 大阪府堺市中区福田512-2(国道310号線イカリ寿司さんのとなり)

児童募集中・・・体験、相談は無料です!!

お問合せ 072-340-0174 (13:00~19:00)

jidoukisotairyokuikuseiky.jimdo.com ←みらいキッズ塾HP